じねんじょ

特定非営利活動法人  自然生クラブ / NPO JINENJO CLUB

筑波山南麓をフィールドに、知的ハンディキャップのある人たちと共同生活をしながら、有機農業を中心とした環境運動に取り組んでいます。一方、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、演劇、造形などで表現する田井ミュージアムを運営しています。ヨーロッパでの公演を契機に、アール・ディフェランシェ(Art différencié:異才の芸術)を実践する芸術団体との交流を深め、2009年には、国際交流基金より地球市民賞を受賞しました。

代表理事 柳瀬 幸子

●「自然生(じねんじょ)」とは

野生の山イモ「自然薯」のように、力強く大地に根を張る活動でありたいという願いと、「自(おの)ずから然(しかる)べく生(い)きる」という意味を込めて名付けられました。

●自然生クラブの活動 やまいもポスターより

施設長プロフィール

 

柳瀬 敬 やなせ たかし

TAKASHI YANASE

1958年 愛媛県今治市生まれ。

筑波大学で教育哲学を学ぶ。

群馬県の全寮制私立学校、白根開善学校で自由教育を実践。

1990年 筑波山南麓に自然生(じねんじょ)クラブを設立。知的障害者と共同生活しながら有機農業と表現活動に取り組む。

2001年にNPO法人化。地域の米蔵をミュージアムとし、シアターとアトリエを運営している。自然生クラブは「創作田楽舞い」でこれまでにリトアニア、デンマーク、イギリス、香港、デンマーク、ベルギー、アイルランド、ドイツ、スイスの演劇祭に出演している。

【コラム】

21世紀のアルカディア 

―小さな共同体の挑戦―

  • w-facebook

●自然生クラブ事務所 / グループホーム森の家・宙の家

 〒300-4211 茨城県つくば市臼井1623番地18   

 TEL/FAX  029-866-2192

 E-mail     jinenjo@dance.ocn.ne.jp

●田井ミュージアム / カフェ・菓子工房 ソレイユ

 〒300‐4212茨城県つくば市神郡54

© NPO JINENJO CLUB. All Rights Reserved. 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now